引越し業者・見積もりへの知識

ニュース

2013/10/15
引越し業者を更新しました
2013/10/15
見積もりを更新しました
2014/02/01
料金を更新しました
2014/02/01
荷造りを更新しました

ピックアップ

引越し

hikkoshi

今現在住んでいる住居から、生活の拠点を別の住居に移すことを、「引越し」と呼びます。
2013年12月現在、今でこそ沢山の引越し会社が存在しますが、昔は引越し専門のサービスを提供している会社は存在しませんでした。
引越しのサービスは、運送会社のほんの一部が担っていただけのです。
引越し業務を専門としていない運送会社が引越し業務を担っていたことから、搬入や搬出などは全て利用者が行い、物の運搬だけを運送会社が行うといった形でサービスが提供されていました。

手続き

引越しをする場合、新居に生活の基点を移すにあたって様々な「手続き」を済まさなければいけません。
引越しの際に済まさなければいけない手続きは、主に以下のものになります。

・転出・転入届
引越しする際、引越し前の住所から最寄りの市区町村役所へ住所移動届を提出する必要があります。住所移動届を提出することによって、転出証明を受け取ることになります。
この転出証明は、引越し先の住所の最寄りの市区町村役所に提出しなければいけません。
また、転出・転入届の受付共に14日の期限が設けられており、手続きを済ます際は「印鑑」が必要です。転出証明を受け取れるのは、転出14日前。転出証明の提出は、転入後14日までとなります。

・個人情報
引越しすることによって、引越し前の引越し先の住所が変更となります。一般的に、電話番号に関しても変更することになります。その為、今住所登録・番号登録をしている類の個人情報の変更の手続きを済まさなければいけません。
運転免許証・車関連・銀行・保険といったように、個人情報の登録を済ませている類は、業者や市区町村役所に問い合わせて個人情報の変更の手続きを行います。

・国民健康保険・国民年金
年金手帳や保険証の登録情報を、引越し先の市区町村役所で変更する必要があります。
転出・転入届の手続きと同時に行える為、同時に済ませておいた方が後々の手間を省くことが出来ます。

・学校
小学生・中学生のお子さんがいらっしゃる場合、引越しによって学区が異なるのであれば、学校の転学の手続きを済まさなければいけません。
学校から在学証明書を発行して貰い、引越し先の市区町村役所に提出する必要があります。
また、これに該当するのは「公立校」になります。私立校の場合は手続きの違いが生じる為、別の手続きが必要になるのです。

業者

gyousya

引越しをする際、重たい家具などを運搬しなければいけない為、家族だけの人員では引越し作業が困難してしまいます。その為、引越しの際は引越しのサービスを専門とする、「引越し業者」を利用するのが一般的な方法です。
引越し業者を利用すれば、運搬に必要な物は全て業者の人間が積み上げて運んでくれる為、引越しにかかる手間を省くことが出来るのです。